本人申請


ご自分で頑張って登記申請の手続きをされる方がおられますね。何でも自分でやってみることは大事なことだとは思います。でも、やってみれば解るのですが、この作業はとても大変です。

書類が足りなくて役所にまた行かなくちゃならない。法務局には何度も相談に行く。誰かが印鑑証明書をまだ持って来ない。書類に記載されている氏名が違う。印鑑を押した位置が違う。ハンコが違うから、またもらいに行かなきゃならない。申請書は何度も作り直す。そのうちに証明書の有効期限が切れて取り直す。やっと申請書を提出できたと思ったら、今度は法務局から登記できないと連絡があり、またやり直し・・・

不動産や会社の登記手続き、面倒ですよね。登記は不動産に関する権利や会社の実態を世間一般に公示するためのものなので、一定のルールに沿って、申請しなければなりません。面倒でもその通りにするしかないのです。遠くから来ているんだから何とかしてくれよ!とか、なんでこんな面倒なことをしなければならないの?などと思われても、そうするしかないのです。ルールに従って面倒な手続きを行うしかないのです。

もう司法書士に頼みませんか?あなたに代わって、面倒で時間のかかる作業を司法書士が行います。ストレスから解放されませんか?もっと時間を大切にしませんか?本来の自分の仕事をしませんか?

ただ、司法書士が手続きをしたって、面倒な作業であることに変わりはなく、それぞれの不動産や会社での事情も違っていて、同じものはありません。それぞれの申請に必要な書類を集めて、ハンコをもらいに行って、やっと出来上がった申請書を提出するのも同じです。法務局でダメだと判断されるならばやり直しです。前回の登記の際に使った書類がそのまま使えるわけではありません。法律の改正などが頻繁にありますので、その都度、作り直しになります。そのようにして、やっと登記が出来上がるのです。我々や、法務局の方、いろんな方々がコツコツと作業を進めてやっと出来上がるものなのです。
なお、登記申請をする場合に代理人となれるのは司法書士、土地家屋調査士、弁護士です。その他の方が代理人となって登記申請されることは司法書士法違反になり、1年以下の懲役または百万円以下の罰金に処せられます。書類を作成することも相談を受けることも禁止されています。

辛島事務所では不動産や会社の登記申請の依頼をお待ちしています。船舶の登記及び登録も辛島事務所にお任せください。

いいね、シェアお願いします。

0